老朽化した建物でお困りの方はプロにお任せ!ベストな選択を!

老朽化した建物はどうすればよいのか?専門化の意見を聞いて判断してみましょう。 - 建物の老朽化とその対処方法について

建物の老朽化とその対処方法について

建物も、年数が経過していくと老朽化してしまうものです。
土地そのものを有効活用させたいという方や土地そのものを売却したいという時に、老朽化している建物を残すか否かなどで悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。
ここでは、老朽化という部分に焦点をあてて考えていきたいと思います。

老朽化と判断される状態について

老朽化と普段から耳にする言葉でも在りますが、正式な意味というのはあるのでしょうか。
簡単に言うと「古くなってしまい、そのものの役割を果たさない・役に立たなくなった状態」のことを言います。
年数が経過し、れカッカした設備などの機能が十分な状態にないことですとか、住民の高齢化などもまた老朽化の一端であるといわれているのです。
このことでお分かりかと思いますが、建物そのものばかりではなく管理人や大家さらには住民までをも老朽化建物・物件の対象となってしまうのです。

耐震基準と老朽化

1981年以降とそれ以前では、耐震基準というものがことなっているのです。
現在の耐震基準で言えば、例えば鉄筋コンクリートの集合住宅ですと、資産的な部分で見た耐用年数は「47年」となっているのです。
ですから、これを超える建物であるという時には老朽化という判断がなされるということが言えるのです。

耐震基準だけでは判断できない老朽化

先のように基準というものはありますが、そればかりで判断をするのは難しいのです。
例を取り上げてみると、積雪が多い地域の建物であるという場合、この環境に沿った建築をしていない際にはどうしても老朽化は早くなってしまうのです。
一方、立地やそのほかの条件がよく土地にマッチした建築をしている・長持ちするような建築方法であるという時には老朽化までの道のりは長くなると考えることが出来るでしょう。

問題視されている老朽化

時折、新聞やニュースなどで目にされる方もいらっしゃると思いますが、建物の老朽化問題というものは深い問題であるといわれています。
その中でも、不適格物件の多さなどが取り上げられることが多いようです。
法令が時代と共に変化している日本ですが、建築された時には適合していたものの、現在の視点に立ってみると不適合となってしまう場合があるからとも考えられています。
このことから、立替を考えなくても、以前より少数の部屋しか確保することが出来なくなり、マイナス損失が出てしまって立替すら行うことができなくなり、これが悪循環となり老朽化に拍車がかかってしまうということもあるのです。
また、他のケースとしては立地や環境によっては近隣住民の賛同を得なくてはならないのにそれを得られず、立替が進まなくなり老朽化をしてしまうという事も考えられます。

選択対処について

tydktd

こうした老朽化に対する対処法ですが、更地にするのかそれとも売却をするかという事となるでしょう。
どちらの選択肢がベストなのかというものは、建物などによって大きく異なってくる部分でもあります。
例えば、仮に老朽化していても機能としては十分に果たしていて安全性も確保できているという建物であれば、そのまま売却をすることもできるでしょう。
しかし、老朽化が進みすぎていて機能的にも役割を果たしきれていないという場合には更地にしたほうが賢明であると考えることが出来るのです。

更地にするメリットとは

更地にするメリットはいくつかありますが、第一には老朽化した建物というのは見た目が良くないことから、それを無くすことによって売却しやすいという要素が出てくることでしょう。
また、建物を販売した後で欠陥などが見つかった場合、その責任等を売主が全て追わなくては鳴らなくなってしまうのです。
だからこそ、更地にして売却をしたほうが良いとも言われています。

更地にするデメリットについて

デメリットはやはり資金的な問題でしょう。
建物を解体することに対するコストというものがある程度かかってしまうのです。
また、建物がある状態よりも更地のほうが土地そのものが大きさによっては小さく見えてしまうということもあり、売却しにくいケースも考えられるのです。
長期間売れずにいると、固定資産税が最高6倍まで高くなるということで、リスクがあるという意見もあるようです。

希望とコストに見合った対処方法を

メリット・デメリットそれぞれ考えられますが、どのような選択肢が自分の場合はベストなのかを見きわめることが大切でしょう。
正しい判断をする要素の1つとして専門化の意見を聞く・アドバイスをうけるなどということをおすすめしたいと思います。
ななみ都市開発では、こうした対応もスムーズに行ってくれ、信頼も実績もあり多くの方から支持を得ているのです。
自分ひとりではなかなか決断しにくい・遂行しにくいことだとも思いますので、ぜひともお困りの方はななみ都市開発に相談されてみてはいかがでしょうか。
その時のベストの方法を選ぶことが出来るでしょう。

更新情報

[2016-03-08]
建物の老朽化とその対処方法についての情報を更新しました。
[2016-02-23]
サイトマップの情報を更新しました。
ページ上に戻る